↑TOP

業務ニュース  2005

  • 2005年12月、世澤弁護士事務所の弁護士は、日本の多国籍フィルム企業を代表し、中国国内市場をリードする医療ソフトウェア企業への外国投資を成し遂げました。
  •  
  • 2005年11月、世澤法律事務所の姫軍弁護士は、日本三菱重工株式会社が中国青島で開催した三菱重工第三回中国現地法人会議に招かれ、中国における労務問題の解決方法について講演を行いました。
  •  
  • 2005年9月、世澤律師事務所の弁護士は、原告である著名の国際的企業を代表し、4名の中国の被告を起訴した商標権利侵害の案件において、一審判決で完全勝訴を勝ち取りました。当該結果では、商標権利侵害の確立を証明しただけではなく、更に830万人民幣の損害賠償も獲得しました。当該賠償金額は、かつての中国知的財産権権利侵害事件における賠償金額が最高に及ぶ事件となりました。
  •  
  • 2005年9月、世澤法律事務所の弁護士は、日本の化学企業が応訴した、中国商務部が2004年12月28日立件・公告した、中国エピクロルヒドリンアンチダンピング事件において、アンチダンピング保証金徴収比率をゼロとする仮決定の結果を得ました。当該結果は、すべての応訴した企業のなかで最も低いものであっただけでなく、中国の弁護士が初めて直接かつ独立で日本語で日本のクライアントに対し中国におけるアンチダンピング事件応訴のリーガルサービスを提供したものであり、重要な意義を有しています。
  •  
  • 2005年7月、世澤律師事務所の弁護士は、住友商事(中国)有限公司を代表し、合弁会社である石家庄河冶住商工模具有限公司の設立を成し遂げました。
  •  
  • 2005年3月、中国政府が招待した専門家として、OECD鋼鉄の補助金交渉について調査・分析を行いました。
  •  
  • 中国政府を代表し、カナダが中国に対し発起した、第一期屋外バーベキュー台及び第二期の緊固件に対する補助金調査に応訴しました。戸外バーベキュー台案件において、カナダ辺境サービスに対し、2004年11月19日に「補助金額は見送り、計算しないものとする」という判決が下され、今回の反補助金調査を終了しました。緊固件の案件において、カナダは、2005年1月7日に4種の製品のうち3種の製品が無損害であるという裁決がなされました。
  •  
  • 中国医薬保健品輸出入商会及び医薬企業を代表し、アメリカの中国に対し発起しだ第一例アンチダンピング調査に応訴しました。
  •  
  • 2005年2月、世澤律師事務所は、アメリカの著名なリスクインベストメント機構である中経合グループ(WI Harer)を代表し、北京互動時空に対する初のリスクインベストメントを成し遂げました。
  •  
  • 中国商務が2005年1月7日に公布した、トリクロロエチレンアンチダンピング調査案の初回裁決の公告において、世澤が代理したロシア企業の烏蘇里耶化工有限責任公司(“KhimpromUsolie” LLC)は、本案の最低となるダンピング税率、5%を獲得しました。  
  • 2005年1月、世澤律師事務所は、通用電器安防産品公司(GE Security)を代表し、北欧会社の中国及び香港におけるセキュリティー製品部門の業務買収を成し遂げました。

世泽律师事务所 版权所有    Copyright 2005-2015 Broad&Bright, All Rights Reserved.

事務所紹介 | 連絡方法 | 業務分野 | 人材募集