↑TOP

業務ニュース  2008

  • 2008年12月、世澤律師事務所は、投資者を代表し、インターネット公告会社に対する600万米ドルの第一期リスクファイナンスを成し遂げました。
  •  
  • 世澤律師事務所は、それぞれ2006年及び2008年の2回に渡り中国政府を代表し、カナダ政府が発起した、引張部品のアンチダンピング、反補助金再調査について応訴しました。
  •  
  • 世澤律師事務所は、電子機器部品企業を代表し、商務部に対し独占禁止の申告事務に関して提出し、処理しました。商務部は、2008年11月に当該申告にかかる審査を完了しました。
  •  
  • 2008年9月から11月に渡り、世澤律師事務所は、大型の中外合弁鋼鉄生産企業を代表し、集団労働契約をドラフトし、これの労働組合と交渉を行いました。
  •  
  • 2008年、世澤律師事務所は、韓国の著名な化学工業企業を代表し、中国政府が発起した、化学工業製品に対するアンチダンピング調査について応訴しました。
  •  
  • 世澤律師事務所は、携帯製造メーカーを代表し、商務部に対し独占禁止の申告事務に関して提出し、処理しました。商務部は、2008年11月に当該申告にかかる審査を完了しました。
  •  
  • 2008年11月、世澤律師事務所は、アメリカの某著名会社を代表し、中国法的枠組みのもと、当該会社の全世界における仕入構造を向上させるため、これのオフショア信託業務を計画し、確立しました。
  •  
  • 2008年11月、世澤律師事務所は、帥車集団を代表して、第二期リスクファイナンスを成し遂げました。
  •  
  • 2008年10月、世澤律師事務所は、アメリカの某著名耐火材料生産企業を代表し、蘇州に外商投資商業企業を設立しました。
  •  
  • 2008年、世澤律師事務所は、アメリカの著名化学工業企業を代表し、中国政府が発起した、化学工業製品に対するアンチダンピングの中間再審調査について応訴しました。
  •  
  • 2008年、世澤律師事務所は、フランスの著名化学工業企業を代表し、中国政府が発起した、化学工業製品に対するアンチダンピングの期末再審調査について応訴しました。
  •  
  • 2008年10月、世澤律師事務所は、アメリカの某会社を代表し、上海に外商投資商業企業を設立しました。
  •  
  • 2008年10月、世澤律師事務所は、世界的に著名な某ハードディスク及びデジタルメモリ製造メーカーが中国の実質的商業活動を有するデジタルメモリソフトウェア会社を買収するための法務コンサルティングを提供しました。
  •  
  • 2008年10月、世澤律師事務所は、マレーシアの自動車会社を代表し、これのシンガポールにて行う仲裁のため、中国弁護士として専門意見を発行しました。
  •  
  • 2008年9月、世澤律師事務所は、ノルウェーの某大型化学肥料企業による中国貴州省における合弁企業設立のための法務コンサルティングを提供しました。
  •  
  • 2008年9月、世澤律師事務所は、科美グループを代表し1650万米ドルの第二期リスクファイナンスを成し遂げました。
  •  
  • 2008年9月、世澤律師事務所は、日本ヤマハ発動機株式会社を代表し、これの商標権侵害案件における損害賠償判決を強制執行し、「執行難」であるといわれる中国において、判決金額を全額執行するという勝利を築き上げました。
  •  
  • 2008年9月、世澤律師事務所は、ドイツが投資する某香港会社を代表し、流行装飾品小売業の創始型中国会社を買収しました。
  •  
  • 2008年9月、世澤律師事務所は、龍焱能源科技を代表し、800万米ドルの第二期リスクファイナンスを成し遂げました。
  •  
  • 2008年9月、世澤律師事務所は、某日系会社を代表し、数社の中国のクリーン発展メカニズムプロジェクトのオーナー会社との数部の「排出権購入協議」における交渉と締結の過程において、法務コンサルティングを提供しました。
  •  
  • 2008年9月、世澤律師事務所は、投資者を代表して、メディア会社に対し1000万米ドルの第一期リスクファイナンスを成し遂げました。
  •  
  • 2008年8月、世澤律師事務所は、2社の中国蘇州の外商投資企業の合併のため法務コンサルティングを提供しました。
  •  
  • 2008年8月、世澤律師事務所は、某著名メディア会社のために、香港において上場した中国会社の新たに発行した株式の引受及び現在すでに発行されている在外の株式の購入のため法務コンサルティングを提供しました。
  •  
  • 2008年8月、世澤律師事務所は、アメリカの某会社がそれぞれ南京と上海に設立した外商独資企業のため法務コンサルティングを提供しました。
  •  
  • 2008年8月、世澤律師事務所は、香港貿易会社を代表し、山西の某会社との間の国際貿易紛争訴訟を処理しました。
  •  
  • 2008年8月、世澤律師事務所は、某香港会社を代表し、上海会社に対する持分買収について法務コンサルティングを提供しました。
  •  
  • 2008年8月、世澤律師事務所は、フランスの会社による中国上海における化学工業工場の設立のため法務コンサルティングを提供しました。
  •  
  • 2008年8月、世澤律師事務所は、中国大連にあるカーテン・材木製造メーカーによる融資及び上場の過程において、法務コンサルティングを提供しました。
  •  
  • 2008年8月、世澤律師事務所は、フランスの某著名銀行を代表し、これの香港高等法院における金融製品紛争のため、中国弁護士として専門意見を発行しました。
  •  
  • 2008年8月、世澤律師事務所は、アメリカの某著名電気グループを代表し、中国にある商業業務を買収しました。当該買収は、クライアントの別のアメリカ会社に対するグローバルな買収企画の一部分となりました。
  •  
  • 2008年8月、世澤律師事務所は、台湾の某大型保険会社による、大陸における合弁保険会社の設立のためのドラフト及び取引文書の確定のため、法務コンサルティングを提供しました。
  •  
  • 2008年8月、世澤律師事務所は、某アメリカ資本独資企業の破産、清算及び工商登記抹消等のために法務コンサルティングを提供しました。
  •  
  • 2008年8月、世澤律師事務所は、台湾の某著名銀行のため、当該銀行借入人によるこれが所有する外商投資企業持分の銀行への質権設定の2件の案件について、法務コンサルティングを提供しました。
  •  
  • 2008年7月、世澤律師事務所は、投資者を代表し、農薬会社に対し2億人民幣の私募融資を成し遂げました。
  •  
  • 2008年6月、世澤律師事務所は、日本の某会社による、これと中国の会社とのクリーン発展メカニズムプロジェクトの共同開発における手配について、法務コンサルティングを提供し、取引文書のドラフトを作成しました。
  •  
  • 2008年6月、世澤律師事務所は、新奥グループを代表し、750万米ドルの海外融資を成し遂げました。
  •  
  • 2008年5月、世澤律師事務所は、西安の某著名私立学校の合弁運営・合作における紛争の解決のため、法務コンサルティングを提供しました。
  •  
  • 2008年5月、世澤律師事務所は、藍港在線を代表し、1600万米ドルの第二期リスクインベストメントを成し遂げました。
  •  
  • 2008年5月、世澤律師事務所は、メディア会社を代表し、2500万米ドルの第二期リスクインベストメントを成し遂げました。
  •  
  • 2008年5月、世澤律師事務所は、アメリカの上場会社を代表し、成都逸海に対する買収を成し遂げました。
  •  
  • 2008年4月、世澤律師事務所は、帥車集団を代表し、第一期リスクファイナンスを成し遂げました。
  •  
  • 2008年4月、世澤律師事務所は、光輝軟件を代表し、第一期リスクインベストメントを成し遂げました。
  •  
  • 2008年2月、世澤律師事務所は、太合麦田を代表し、SKTの第二期リスクインベストメントを成し遂げました。
  •  
  • 2008年2月、世澤律師事務所は、投資者を代表し、メディア会社に対し1000万米ドルの第一期リスクインベストメントを成し遂げました。
  •  
  • 2008年2月、世澤律師事務所は、アメリカの中経合グループを代表し、英語養成訓練学校に対する第一期リスクインベストメントを成し遂げました。
  •  
  • 2008年1月、世澤律師事務所は、中国の著名なリクルート検索エンジンである、「找工作」ウェブサイトを代表し、第二期リスクインベストメントを成し遂げました。

世泽律师事务所 版权所有    Copyright 2005-2015 Broad&Bright, All Rights Reserved.

事務所紹介 | 連絡方法 | 業務分野 | 人材募集