↑TOP

業務ニュース  2012

  • 2012年、外国の著名ファッションブランド企業を代表し、その商標が中国で悪意にて先取り登録されている事実について調査し、商標評議審査委員会に異議申立てを行い、且つ商標先取り登録者との買取交渉を成功させました。
  •  
  • 世澤律師事務所は、Giosis Pte. Ltd.,(智熹)の中国法務顧問として、当社とMecox Lane(麦考林)の合弁にてEコマースサイト運営企業「智熹麦考林有限公司」(Giosis Mecoxlane)を設立するにあたり、法務コンサルティングを提供しました。Giosisは世界最大のEコマースサイトeBayが投資するジョイントベンチャー企業で、Mecox Lane(麦考林)はナスダック市場に上場を果たした初の中国電子商取引企業です。双方が新らしく立ち上げる智熹麦考林は、中国の業界を牽引する開放的なEコマースサイトを展開することを目指します。
    上記案件に関する法務サービスは、弊所のパートナーである劉洪川弁護士と孫銘弁護士がが主導し、陳入示弁護士と李来祥弁護士が主に参与しました。
  •  
  • 世澤律師事務所は浩然資本(HAO CAPITAL)の中国法務顧問として、浩然資本とTCL集団の合弁によりTCL医療集団を設立する案件において、法務コンサルティングと提案を行いました。浩然資本(HAO CAPITAL)は、中国投資に重点を置くプライベート・エクイティ・ファンドであり、医療投資のプラットフォームである世康融医療集団を通じて、本件の投資取引を遂行しました。TCL医療集団は、X線、超音波機器、DSA、CT、MRI等を含む一連の高品質医療用画像診断製品とソリューションを提供し、中国医療映像診断市場のトップランナーとなることを目指しています。
    上記の取引に法務サービスを提供した世澤のチームは、本所パートナー弁護士である丁震宇弁護士を筆頭に、陳歓弁護士、胡汀弁護士、陳入示弁護らが主要メンバーとして参与しました。
  •  
  • 2012年5月24日、シーメンス(中国)有限公司と山西潞安鉱業集団が合弁会社を設立する契約に正式に署名しました。当合弁会社は中国本土市場に大型・特殊電機及びその他の電気製品を提供することを目的とします。新合弁会社は潞安鉱業集団傘下の山西防爆電機(集団)有限公司を土台として設立され、シーメンスは新合弁会社の支配株主となります。弊所のパートナー弁護士である張利賓弁護がシーメンスの法律顧問として、このプロジェクトに法務サービスを提供しました。
    その他、弊所温旖君弁護士、張忻軼弁護士らも本プロジェクトに参与しました。

世泽律师事务所 版权所有    Copyright 2005-2015 Broad&Bright, All Rights Reserved.

事務所紹介 | 連絡方法 | 業務分野 | 人材募集