↑TOP

業務ニュース  2013

  • 泉峰控股有限公司を代表し、泉峰控股有限公司によるドイツフレックス社の買収案件を推進。フレックス社は、ハイエンジニアリングな専門電動工具の生産、開発、販売に従事する電動工具メーカー。泉峰控股有限公司は世界トップ10に入る電動工具メーカーで、香港に持株会社を置き、生産・開発拠点は中国大陸にある。本取引の金額は約1800万ユーロで、劉洪川弁護士を筆頭に陳歓弁護士らが参与。
  •  
  • MediaTek.Inc(聯発科技股分有限公司)を代表し、中国にて事業者集中申告を実施。本取引は、台湾の半導体チップメーカーであるMediaTekによる、相対的に小規模な競争他社Mstar(晨星半導体公司)の買収に関わる。クライアントを代表し商務部門審査手続を行い、商務部の承認を獲得。本取引は馮瑶弁護士を筆頭に楊瑛弁護士、李博弁護士らが参与。
  •  
  • 悠悠村を代表し、百度による悠悠村の買収を遂行。本取引は典型的な持分譲渡方式によるトレードセールで、対象会社の全資産と事業を買収し、買収完了後、売却利益は対象会社の定款に基づき、発起人と投資者に分配する。本案の取引金額は5000万USドルで、熊涛弁護士を筆頭に厳静安弁護士と劉蓉容弁護士が参与。
  •  
  • 中国の私営企業を代表し、米国ダラス州の採掘面積15,000ムーのシェールガス田の賃貸借権益を買収。何予平弁護士を筆頭に施蕾弁護士、徐菲菲弁護士らが参与。
  •  
  • 多国籍企業グレンコア(Glencore)を代表し、中国にて事業者集中申告を実施。馮瑶弁護士を筆頭に楊瑛弁護士、李博弁護士らが参与。
  •  
  • 丸紅株式会社を代表し、中国にて事業者集中申告を実施。本取引は日本商社丸紅が約36億ドルにて米国Gavilon Holdings LLC(穀物会社、本部ネブラスカ州)を買収する案件に関わる。馮瑶弁護士を筆頭に楊瑛弁護士、李博弁護士らが参与。
  •  
  • 日系電子部品会社を代表し、企業再編を原因とする184人規模の人員削減を推進。労働争議に発展することなく、すべての対象従業員と解除協議の締結に成功。陳軼凡弁護士を筆頭に朱誉鳴弁護士、張超弁護士らが参与。
  •  
  • 世澤律師事務所は、コヴィディエン(タイコインターナショナルから分離)の中国における医療器械事業の再建に関する意見を提案。
  •  
  • 世澤律師事務所は、ヤラ・インターナショナル(ノルウェーに本社を置く大手窒素肥料メーカー)が中国中化グループ傘下の化学肥料企業の株式買収を行うことに関して意見を提案。
  •  
  • 世澤律師事務所は、SPXが中国の民営企業に業務の一部を売却することに関して意見を提案。
  •  
  • 世澤律師事務所は、ある中国民営企業がスタンレー・ブラック&デッカーに持分を売却し、合弁企業を設立することに関して意見を提案。
  •  
  • 世澤律師事務所は、Arvato Digital Servicesを代表し、その合弁パートナーにオーディオ製品生産企業の持分を売却することに関し、法律意見を提出しました。 この取引は、世澤のパートナー弁護士である丁震宇律師を筆頭に、陳歓律師、黄暁鴎律師が参与しました。
  •  
  • 世澤律師事務所は広州市世展展覧服務有限公司の創業者を代表し、世界的な見本市主催企業であるFiera Milano S.p.A.に広州市世展展覧服務有限公司の大部分の持分を売却することに関し、法律意見を提出しました。 この取引は、世澤のパートナー弁護士である丁震宇律師を筆頭に、胡汀律師、魯建偉律師、黄暁鴎律師が参与しました。
  •  
  • 世澤律師事務所は、CMIAキャピタルに対し、中国最大のコンタクトレンズ及び保存液メーカーの一つである上海科莱博隠形眼鏡有限公司への投資について法律意見を提出しました。 この取引は、世澤のパートナー弁護士である丁震宇律師を筆頭に、胡汀律師、黄暁鴎律師が参与しました。
  •  
  • 2013年、日本のある大手商社を代表し、一名の従業員との労働紛争仲裁案を処理しました。当該仲裁案は最終的に勝訴しました。
  •  
  • 2013年、日本のある大手食品会社を代表し、国内食品会社30社の法務デューディリジェンスを行い、且つ双方の交渉に参与し、再編協議の起草、修正を行いました。
  •  
  • 2012年~2013年、日本のある大手企業を代表し、中国国内の医療システム会社の増資と持分譲渡を実施しました。 
  •  
  • 世澤律師事務所は、ナノプリント技術開発に従事する外国企業の中国法務顧問として、国内の電子材料用接着剤の生産会社と、太陽電池業界向け金属インクジェットプリンタ用インクを生産する会社を合弁設立する案件において、法務コンサルティングサービスを提供しました。本合弁会社はまた、中外合弁の株式投資会社を戦略的投資者として参入させています。本合弁会社の設立過程では、当該外国企業が合弁会社に特許を許諾する上で所在国政府の認可を必要とすること、当該外国企業の技術出資の資産額評価と認定、関連技術の適法性と有効性の保障、戦略的投資者の撤退の仕組み、会社清算時の技術出資者の技術許諾の先行回収などの法律問題が関係します。技術上の敏感な問題に関わるため、弊所は従来の外商投資に関する法律の枠組みの中で、クライアントにできるだけ弾力的かつ実行性のある解決案を提供し、度重なるハードなネゴシエーションを経て、最終的に合弁契約及び技術許諾契約など重要な合弁文書を締結することに成功しました。
    本案では鍾潔弁護士をリーダーとする世澤のチームが法務サービスを提供し、主な参与弁護士は李来祥弁護士です。弁護士が主に参与しました。
  •  
世泽律师事务所 版权所有    Copyright 2005-2015 Broad&Bright, All Rights Reserved.

事務所紹介 | 連絡方法 | 業務分野 | 人材募集