↑TOP

評論及び論著  出版物

  • 17.9.26陳軼凡弁護士がNNA第05234号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第163回 労働人事紛争の難問検討会の紀要」を掲載[More...]
  • 17.9.12陳軼凡弁護士がNNA第05224号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第162回 労働紛争審理上の難解な問題への解答」を掲載[More...]
  • 17.8.29陳軼凡弁護士がNNA第05214号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第161回 精算費用は賃金として計算すべきか?」を掲載[More...]
  • 17.8.15陳軼凡弁護士がNNA第05204号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第160回 海南省の「労働保障監察の若干規定」」を掲[More...]
  • 17.8.1陳軼凡弁護士がNNA第05194号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第159回 高温手当の支給について」を掲載[More...]
  • 17.7.18陳軼凡弁護士がNNA第05184号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第158回 上海浦東の海外人材向け措置」を掲載[More...]
  • 17.7.4陳軼凡弁護士がNNA第05174号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第157回 企業の立場からみた労働組合経費の理解」を掲載[More...]
  • 17.6.20陳軼凡弁護士がNNA第05164号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第156回 学歴詐称による労働契約解除」を掲載[More...]
  • 17.6.6陳軼凡弁護士がNNA第05154号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第155回 新労働人事争議仲裁弁案規則の公布」を掲載[More...]
  • 17.5.23陳軼凡弁護士がNNA第05146号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第154回 労働紛争案件法律適用の問題解答」を掲載[More...]
  • 17.5.9陳軼凡弁護士がNNA第05136号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第153回 雇用単位の職場・賃金調整の新規定」を掲載[More...]
  • 17.4.25陳軼凡弁護士がNNA第05127号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第152回 労働人事紛争調停仲裁強化の意見」を掲載[More...]
  • 17.4.11陳軼凡弁護士がNNA第05117号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第151回 アウトソーシングの賠償責任について」を掲載[More...]
  • 17.3.28陳軼凡弁護士がNNA第05109号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第150回 人員削減における労働者の自己責任」を掲載[More...]
  • 17.3.14陳軼凡弁護士がNNA第05099号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第149回 固定期限労働契約の効力について」を掲載[More...]
  • 17.2.28陳軼凡弁護士がNNA第05089号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第148回 特殊な疾病の法定医療期間」を掲載[More...]
  • 17.2.14陳軼凡弁護士がNNA第05079号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第147回 生育・従業員基本医療保険の統合」を掲載[More...]
  • 17.1.24陳軼凡弁護士がNNA第05069号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第146回 労働紛争審理に関する回答」を掲載[More...]
  • 17.1.10陳軼凡弁護士がNNA第05059号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第145回 広東省の女性従業員保護規定」を掲載[More...]
  • 16.12.27陳軼凡弁護士がNNA第05051号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第144回 労働者の権利侵害賠償責任」を掲載[More...]
  • 16.12.13陳軼凡弁護士がNNA第05041号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第143回 江蘇省の「労災保険条例」」を掲載[More...]
  • 16.11.29陳軼凡弁護士がNNA第05031号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第142回 配置転換と賃金調整」を掲載[More...]
  • 16.11.15陳軼凡弁護士がNNA第05021号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第141回 外国人来華工作許可制度」を掲載[More...]
  • 16.11.1陳軼凡弁護士がNNA第05011号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第140回 年次有給休暇について」を掲載[More...]
  • 16.10.18陳軼凡弁護士がNNA第05001号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第139回 離職賃金と補償金の支払時期」を掲載[More...]
  • 16.9.27陳軼凡弁護士がNNA第04991号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第138回 「重大労働保障違法行為社会公表弁法」の発布」を掲載[More...]
  • 16.9.13陳軼凡弁護士がNNA第04983号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第137回 人保省による「企業労働保障遵法信用等級評価弁法」の発布」を掲載[More...]
  • 16.8.30陳軼凡弁護士がNNA第04973号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第136回 新「上海市企業賃金支払弁法」が8 月に発効」を掲載[More...]
  • 16.8.16陳軼凡弁護士がNNA第04963号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第135回 労働契約の締結の拒否」を掲載[More...]
  • 16.8.2陳軼凡弁護士がNNA第04953号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第134回 病気休暇濫用の防止」を掲載[More...]
  • 16.7.19陳軼凡弁護士がNNA第04943号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第133回 労働契約終了時の紛争:北京と上海の司法差異について」を掲載[More...]
  • 16.7.5陳軼凡弁護士がNNA第04933号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第132回 会社が持分譲渡を行うとき労働法第4条が定める法定手続きを経る必要があるでしょう」を掲載[More...]
  • 16.6.21陳軼凡弁護士がNNA第04923号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第131回 社会保険登記手続期限について」を掲載[More...]
  • 16.6.7陳軼凡弁護士がNNA第04915号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第130回 服務期間について」を掲載[More...]
  • 16.5.24陳軼凡弁護士がNNA第04905号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第129回 「職業学校学生実習管理規定」の公布」を掲載[More...]
  • 16.5.10陳軼凡弁護士がNNA第04895号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第128回 従業員に対する金銭処分の合法性 規律違反の場合」を掲載[More...]
  • 16.4.26陳軼凡弁護士がNNA第04886号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第127回 出産休暇待遇の変化」を掲載[More...]
  • 16.4.12陳軼凡弁護士がNNA第04876号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第126回 人員削減の適用条件」を掲載[More...]
  • 16.3.29陳軼凡弁護士がNNA第04867号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第125回 競業制限の特殊な状況」を掲載[More...]
  • 16.3.15陳軼凡弁護士がNNA第04857号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第124回 四川省高級人民法院の最新解釈」を掲載[More...]
  • 16.3.1陳軼凡弁護士がNNA第04847号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第123回 会社解散時の労働契約解除について」を掲載[More...]
  • 2016年6月、董輝弁護士、陳軼凡弁護士が「ジュリスト」という実用法律雑誌の6月号特集で-------「中国事業の再編・撤退に伴うリストラの法的根拠及び実務的問題点」を掲載[More...]
  • 16.2.16陳軼凡弁護士がNNA第04837号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第122回 「計画生産法」の実施に伴う変更点 出産条例の改正ポイントについて」を掲載[More...]
  • 16.1.26陳軼凡弁護士がNNA第04827号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第121回 拳証責任に関する規定 深セン中院の例」を掲載[More...]
  • 世澤律師事務所パートナー弁護士陳軼凡、保華律師事務所の董潤青弁護士の共著により『HR全流程法律顧問』第二版が2016年2月に中国法律出版社より出版されました。本書は、企業人事、労働関係にまつわる問題をキーワード形式で解説する実務書として2014年に初版が出版されました。初版出版から約二年を経て、第二版は労働法関連の法令改正、新規定に合わせて修正を加えました。修正トピックには、外国人就業手続の変更、一人っ子手当制度の変更などが含まれます。
  • 16.1.12陳軼凡弁護士がNNA第04817号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第120回 勤務場所の約定について 勤務地「全国」と約定でけるか」を掲載[More...]
  • 15.12.29陳軼凡弁護士がNNA第04809号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第119回 職業上の禁忌に関する処理」を掲載[More...]
  • 15.12.15陳軼凡弁護士がNNA第04799号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第118回 うつ病患者の医療期間」を掲載[More...]
  • 15.12.1陳軼凡弁護士がNNA第04789号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第117回 医療期間の計算」を掲載[More...]
  • 15.11.17陳軼凡弁護士がNNA第04779号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第116回 派遣従業員の労働関係 「三性」職場の場合」を掲載[More...]
  • 15.11.3陳軼凡弁護士がNNA第04769号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第115回 上海家化の労働関係解除紛争案」を掲載[More...]
  • 15.10.20陳軼凡弁護士がNNA第04759号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第114回 企業人事からみた労働法の動向」を掲載[More...]
  • 15.9.29陳軼凡弁護士がNNA第04749号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第113回 最高人民法院による労働関連の見解」を掲載[More...]
  • CHAMBERS Global Practice Guides 2016------- Energy: Oil & Gas China –Law & Practice[More...]
  • 15.9.15陳軼凡弁護士がNNA第04739号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第112回 計画生育違反の労働問題」を掲載[More...]
  • 15.9.1陳軼凡弁護士がNNA第04731号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第111回 「労働契約法」に関する新規定」を掲載[More...]
  • 15.8.18陳軼凡弁護士がNNA第04721号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第110回 企業による労働契約の解除 就労開始前の契約解消」を掲載[More...]
  • 15.8.4陳軼凡弁護士がNNA第04711号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第109回 労働者に対する賃金損失の賠償 違法解除の決定を撤回した場合」を掲載[More...]
  • 15.7.21陳軼凡弁護士がNNA第04701号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第108回 隠蔽により生じる労働問題」を掲載[More...]
  • 15.7.7陳軼凡弁護士がNNA第04691号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第107回 日常勤怠記録の作成と保管 法的リスクに対応するために」を掲載[More...]
  • 15.6.23陳軼凡弁護士がNNA第04681号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第106回 「上海市集団契約条例」修正案」を掲載[More...]
  • 15.6.9陳軼凡弁護士がNNA第04672号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第105回 「会議紀要」の読解」を掲載[More...]
  • 15.5.26陳軼凡弁護士がNNA第04662号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第104回 労働争議に関する処理意見」を掲載[More...]
  • 15.5.12陳軼凡弁護士がNNA第04652号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第103回 上海高級人民法院の判例意見」を掲載[More...]
  • 15.4.28陳軼凡弁護士がNNA第04643号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第102回 雇用企業の求償権の分析」を掲載[More...]
  • 15.4.14陳軼凡弁護士がNNA第04633号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第101回 労務派遣の社会保険料納付地の問題」を掲載[More...]
  • 15.3.31陳軼凡弁護士がNNA第04624号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第100回 非標準労働時間制の残業代支払い」を掲載[More...]
  • 15.3.17陳軼凡弁護士がNNA第04614号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第99回 労働組合委員の労働契約」を掲載[More...]
  • 15.3.3陳軼凡弁護士がNNA第04604号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第98回 14年の総括と15年の展望—北京地区」を掲載[More...]
  • 15.2.17陳軼凡弁護士がNNA第04599号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第97回 14年の総括と15年の展望—華南地区」を掲載[more...]
  • 15.2.3陳軼凡弁護士がNNA第04589号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第96回 14年の総括と15年の展望—上海地区」を掲載[More...]
  • 15.1.20陳軼凡弁護士がNNA第04579号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第95回 「企業人員削減規定」の意見募集」を掲載[More...]
  • 15.1.6陳軼凡弁護士がNNA第04569号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第94回 年次有給休暇の失効条項」を掲載[ More... ]
  • 14.12.23陳軼凡弁護士がNNA第04562号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第93回 外国人入国に関する新規定」を掲載[More...]
  • 14.12.9陳軼凡弁護士がNNA第04552号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第92回 就業での女性差別の事例」を掲載[More...]
  • 14.11.25陳軼凡弁護士がNNA第04542号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第91回 病気休暇申請」を掲載  [ More... ]
  • 14.11.11陳軼凡弁護士がNNA第04532号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第90回 生育手当に関する司法実践」を掲載  [ More... ]
  • 14.10.28陳軼凡弁護士がNNA第04522号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第89回 「上海市労災保険実施弁法」の新通知」を掲載  [ More... ]
  • 14.10.14陳軼凡弁護士がNNA第04512号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第88回 広東省集団契約条例」を掲載  [ More... ]
  • 14.9.23陳軼凡弁護士がNNA第04502号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第87回 労災範囲に入る「通勤途中」の認定」を掲載  [ More... ]
  • 14.9.9陳軼凡弁護士がNNA第04492号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第86回 行政処罰と解雇」を掲載  [ More... ]
  • 14.8.26陳軼凡弁護士がNNA第04483号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第85回 労働契約関係回復後の解雇」を掲載  [ More... ]
  • 14.8.12陳軼凡弁護士がNNA第04473号で「労働法最前線―企業人事の視 点から見る労働法動向 第84回 浙江省法院の労働争議司法解釈の解読」を 掲載  [ More... ]
  • 14.7.29陳軼凡弁護士がNNA第04463号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第83回 労務派遣と業務アウトソーシング・請負」を掲載  [ More... ]
  • 14.7.15陳軼凡弁護士がNNA第04453号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第82回 社会保険料納付争議は非労働争議」を掲載  [ More... ]
  • 14.7.1陳軼凡弁護士がNNA第04443号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第81回 北京「賃金2倍の適用性」の新解読」を掲載  [ More... ]
  • 14.6.17陳軼凡弁護士がNNA第04433号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第80回 上海女性従業員の「単独二胎」待遇」を掲載   [ More... ]
  • 14.6.3陳軼凡弁護士がNNA第04423号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第79回 業務委託関係と労働関係」を掲載  [ More... ]
  • 14.5.20陳軼凡弁護士がNNA第04414号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第78回 労務派遣届出の新動向」を掲載  [ More... ]
  • 14.5.6陳軼凡弁護士がNNA第04404号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第77回 高級管理職の労働契約認定」を掲載  [ More... ]
  • 14.4.22陳軼凡弁護士がNNA第04396号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第76回 労働者の事実告知義務」を掲載  [ More... ]
  • 14.4.8陳軼凡弁護士がNNA第04386号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第75回 会社買収の労務リスク」を掲載  [ More... ]
  • 14.3.25陳軼凡弁護士がNNA第04377号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第74回 労働契約満了後の労務紛争」を掲載  [ More... ]
  • 14.3.11陳軼凡弁護士がNNA第04367号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第73回 「二重労働関係」の認定について」を掲載  [ More... ]
  • 14.2.25陳軼凡弁護士がNNA第04357号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第72回 「労務派遣暫定規定」比較解析」を掲載  [ More... ]
  • 14.2.11陳軼凡弁護士がNNA第04347号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第71回 離職従業員の年末賞与」を掲載  [ More... ]
  • 14.1.21陳軼凡弁護士がNNA第04337号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第70回 高級管理職の忠実義務違反」を掲載  [ More... ]
  • 14.1.7陳軼凡弁護士がNNA第04327号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第69回 末位淘汰制について」を掲載  [ More... ]
  • 13.12.24陳軼凡弁護士がNNA第04321号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第68回 勤務年数の合算」を掲載  [ More... ]
  • 13.12.10陳軼凡弁護士がNNA第04311号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第67回 「江西省企業賃金集団協議条例」の解読」を掲載  [ More... ]
  • 13.11.26陳軼凡弁護士がNNA第04301号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第66回 労務派遣紛争事例」を掲載  [ More... ]
  • 13.11.12陳軼凡弁護士がNNA第04291号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第65回 客観的事情に重大な変化の発生」を掲載  [ More... ]
  • 13.10.29陳軼凡弁護士がNNA第04281号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第64回 派遣労働者の“同一業務同一賃金”」を掲載  [ More... ]
  • 13.10.15陳軼凡弁護士がNNA第04271号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第63回 セクハラを理由とする労働契約の解除」を掲載  [ More... ]
  • 13.9.17陳軼凡弁護士がNNA第04259号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第62回 定年退職者の再雇用」を掲載  [ More... ]
  • 13.9.3陳軼凡弁護士がNNA第04249号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第61回 労務派遣の意見募集案についての意見」を掲載  [ More... ]
  • 13.8.20陳軼凡弁護士がNNA第04239号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第60回 労働組合経費徴収の地方動向」を掲載  [ More... ]
  • 13.8.6陳軼凡弁護士がNNA第04229号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第59回 防暑降温対策管理弁法」を掲載  [ More... ]
  • 13.7.23陳軼凡弁護士がNNA第04219号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第58回 職場配置転換の企業勝訴判決」を掲載  [ More... ]
  • 13.7.9陳軼凡弁護士がNNA第04209号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第57回 労務派遣行政許可の新法令」を掲載  [ More... ]
  • 13.6.25陳軼凡弁護士がNNA第04199号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第56回 競業避止の新規定」を掲載  [ More... ]
  • 13.6.4陳軼凡弁護士がNNA第04187号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第55回 「オフイス・ブラックリスク」への対応」を掲載  [ More... ]
  • 13.5.21陳軼凡弁護士がNNA第04177号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第54回 労働契約の変更」を掲載  [ More... ]
  • 13.5.7陳軼凡弁護士がNNA第04167号で「労働法最前線―企業人事の視点から見る労働法動向 第53回 定年退職年齢の延長」を掲載  [ More... ]
  • 13.4.16 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第04155号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第52回 賃金総額」を掲載  [ More... ]
  • 13.4.2 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第04147号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第51回 労働ノルマ」を掲載  [ More... ]
  • 13.3.19 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第04137号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第50回 従業員代表大会制度」を掲載  [ More... ]
  • 13.3.5 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第04127号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第49回 規制制度の制定」を掲載  [ More... ]
  • 13.2.19 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第04117号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第48回 労務派遣の法改正」を掲載  [ More... ]
  • 13.1.29 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第04107号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第47回 中国における営業秘密の保護(5)」を掲載  [ More... ]
  • 13.1.15 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第04097号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第46回 中国における営業秘密の保護(4)」を掲載  [ More... ]
  • 12.12.25 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第04086号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第45回 中国における営業秘密の保護(3)」を掲載  [ More... ]
  • 12.12.11 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第04076号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第44回 中国における営業秘密の保護(2)」を掲載  [ More... ]
  • 12.11.27 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第04066号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第43回 中国における営業秘密の保護(1)」を掲載  [ More... ]
  • 12.11.13 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第04056号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第42回 私用休暇」を掲載  [ More... ]
  • 12.10.30 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第04046号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第41回 年次有給休暇(2)」を掲載  [ More... ]
  • 12.10.16 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第04036号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第40回 年次有給休暇」を掲載  [ More... ]
  • 12.09.25 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第04026号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第39回 結婚休暇などについて」を掲載  [ More... ]
  • 12.09.11 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第04016号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第38回 帰省休暇」を掲載  [ More... ]
  • 12.08.28 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第04006号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第37回 残業代の計算方法について」を掲載  [ More... ]
  • 2012年8月28日、鐘潔弁護士が中国イスラエル商工会議所、スイス商工会議所及びベルギー商工会議所向けに行った講演「中国労働法における若干の厄介な問題」の関連資料。    [ More... ]
  • 12.08.14 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03996号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第36回 労働契約終了及び関連する経済補償金」を掲載    [ More... ]
  • 12.07.31 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03986号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第35回 労働契約の解除と経済的補償金の支払い(3)」を掲載    [ More... ]
  • 12.07.17 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03976号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第34回 労働契約の解除及び経済的補償金の支払い(2)」を掲載    [ More... ]
  • 12.07.03 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03966号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第33回 労働契約の解除及び経済的補償金の支払い(1)」を掲載    [ More... ]
  • 12.06.19 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03957号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第32回 経済的人員削減について(3)」を掲載    [ More... ]
  • 12.06.05陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03947号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第31回 経済的人員削減について(2)」を掲載    [ More... ]
  • 12.05.22陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03937号で「労働法最前線―労働 雇用法および地方労働規定の比較・解説 第30回 経済的人員削減について(1)」を掲載    [ More... ]
  • 12.05.08 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03927号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第29回 労災(4)」を掲載    [ More... ]
  • 12.04.17 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03914号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第28回 労災(3)」を掲載    [ More... ]
  • 世澤律師事務所のパートナーである張利賓弁護士と弁護士アシスタントのBenjamin Mantheyが共同執筆した「中華人民共和国入札募集・入札法実施条例」に関する文章が、雑誌「中国法律と実務」の3月号のテーマとして表紙に掲載されました。当該文章において、張弁護士らは中国の入札募集・入札に関する法律の最新発展状況に対して専門的な分析を行っています。「中国法律と実務」は法律系雑誌の先駆者的地位を有し、絶えず発展を続ける中国法律及び監督制度に関する紹介や掘り下げた見解の読者への提供に力を注いでいる法律雑誌です。
  • 12.03.27 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03902号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第27回 労災(2)」を掲載    [ More... ]
  • 12.03.13 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03892号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第26回 労災(1)」を掲載    [ More... ]
  • 12.02.28 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03882号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第25回 職業病(4)」を掲載    [ More... ]
  • 12.02.14 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03872号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第24回 職業病(3)」を掲載    [ More... ]
  • 2012年2月、 陳軼凡、朱譽鳴弁護士及びあかし法律事務所の暁琢也弁護士が「月刊金融ジャーナル」2012.2第664号で「中国銀行法制の変遷と展望~中国商業銀行監督管理規制に見る普遍性と特殊性~」を掲載
  • 12.01.31 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03852号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第23回 職業病(2)」を掲載
  • 12.01.10 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03852号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第22回 職業病(1)」を掲載
  • 11.12.20 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03839号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第21回 医療期間の賃金計算などについて」を掲載
  • 11.12.06 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03829号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第20回 医療期間満了も治療が続く場合」を掲載
  • 11.11.22 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03819号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第19回 医療期間に関わる諸問題」を掲載
  • 11.11.08 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03809号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第18回 「三期従業員」の対応について(4)」を掲載
  • 11.10.25 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03799号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第17回 「三期従業員」の対応について(3)」を掲載
  • 11.10.11 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03789号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第16回 「三期従業員」の対応について(2)」を掲載
  • 2011年10月10日、世澤律師事務所のパートナーである張利賓弁護士が世澤のその他22名の弁護士と共同で翻訳した「外国企業のアメリカにおける合併実務マニュアル」(Mergers & Acquisition in the United States: A Practical Guide for Non- U.S. Buyers)が正式に出版されました。本書はCCH(Commerce Clearing House、世界トップクラスの専門分野情報出版者、大手の多国籍出版機構である威科グループの傘下メンバー)の授権を受け、中国財政経済出版社から出版されました。本書はアメリカの合併に関する法律についての小百科全書となっています。
    「外国会社のアメリカにおける合併実務マニュアル」に関する翻訳作業は8か月に渡る大規模なものとなり、本書の出版は、世澤律師事務所のスタッフの努力と切り離せないものとなっています。世澤のパートナーである馮瑤弁護士、
    何予平弁護士、黄暁軍弁護士、劉洪川弁護士、王東弁護士、熊濤弁護士、袁長春弁護士、張利賓弁護士、張欣弁護士及び北京所の弁護士である劉卓識、李博、施蕾、孫兆秋、潘凌、王娜、張夢希等、計23名以上の弁護士が本書の翻訳に携わりました。張夢希および李玲は翻訳者とCCHの間の連絡作業も担当しました。
    本書の英語原版について、900ページ余り、計19章となっており、その内容はすべてアメリカにおいて実施された合併にかかるアメリカの主要の法律分野が含まれています。本書はアメリカの著名な弁護士事務所であるBaker Hostetlerが、これのアメリカにおける5ヵ所オフィスのパートナーと弁護士が共同で執筆しており、そのうちの一人の作者が「Sarbanes-Oxley」の起草者の一人、Michael G. Oxley弁護士となっております。
    本書はアメリカにて投資予定のある中国企業の高級管理人員及び内部法律顧問、多国籍の合併に従事している弁護士にとって、非常に価値があります。この本も法律学術界の関係者がアメリカの合併法律を研究する上での百科事典となることが予想されます。本書の価格は680元人民幣(優遇価格:612元人民幣)で、送料が20元人民幣となります。本書を購入されたい場合、世澤律師事務所の李玲に直接ご連絡いただければ幸いに存じます。
    メールアドレス:ling_li@broadbright.com 携帯番号:15010287417     [ More... ]
  • 11.07.12 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03730号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第10回 無期限労働契約について(2)」を掲載    [ More... ]
  • 11.06.28 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03720号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第9回 無期限労働契約について(1)」を掲載    [ More... ]
  • 11.06.14 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03710号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第8回 学生アルバイトについて」を掲載    [ More... ]
  • 11.05.31 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03701号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第7回 学生インターンについて」を掲載    [ More... ]
  • 11.05.17 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03691号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第6回 定年退職者の雇用2」を掲載    [ More... ]
  • 11.05.03 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03681号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第5回 定年退職者の雇用」を掲載    [ More... ]
  • 11.04.12 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03667号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第4回 外国人の雇用(3)」を掲載    [ More... ]
  • 11.03.22 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03654号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 第3回 外国人の雇用(2)」を掲載    [ More... ]
  • 11.03.08 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03644号で「労働法最前線―労働雇用法および地方労働規定の比較・解説 総論 第2回 外国人の雇用」を掲載    [ More... ]
  • 11.02.22 陳軼凡、黄暁軍弁護士がNNA第03634号に「労働法の最前線―労働雇用法と地方労働規定の比較・解説 総論 第1回」を掲載    [ More... ]
  • 「耕せずして収穫は得られず―外資のプライベートエクイティ及び中国国内の人民幣基金」(英文版)、2009年China Law & Practice10月刊にて発表。作者:郭林軍    [ More... ]
  • 文章「中国労働ハンドブック」(英語版)作者:Gal Furer、王維衆    [ More... ]
  • 文章「世界金融危機に対応する中国の法律発展」(英語版)作者:王維衆•孫銘、 Asia Pacific Forum Newsletterに掲載    [ More... ]
  • 文章「中国商務部新規則の中国海外投資に対する促進」(英語版)作者:郭林軍及び王洋    [ More... ]
  • 「ホットマネーの抑制政策が対外貿易会社にもたらす新リスク」(英文版)(作者:王維衆・楊穎・陳暁潔、「China Law & Practice」2008年第12/2009年第1期に掲載)    [ More... ]
  • 講演用PPT草稿:「M&Aの規定及び実践に関する最新発展」(英文版)。(郭林軍及び王維衆がALBによる2008年11月6日北京で行った2008年度企業弁護士会議における講演)    [ More... ]
  • 文章:「中国不動産市場の投資における新好機」(英文版)。(作者・郭林軍、「China Law & Practice」2008年第10期掲載)    [ More... ]
  • 文章:「中国法律の職業管理の強化」(英文版)。(作者・袁長春及び劉洪川、「China Law & Practice」2008年第9期掲載)    [ More... ]
  • 講演用PPT草稿:「中国の不動産における投資法律に関する最新発展」(英文版)。(郭林軍による2008年9月某四大会計士事務所の内部会議における講演)    [ More... ]
  • 文章:「中華人民共和国新企業所得税法の外国投資者による中国でのM&A実施に対する重大な影響」(英文版)。(作者・郭林軍、2008年6月出版)    [ More... ]
  • 文章:「外国企業が勝訴した中国最高人民法院における商標権侵害判決をめぐって」(日本語版)。(作者・姫軍、共同著作、 日本実用法律雑誌「ジュリスト」2007年No.1343掲載)    [ More... ]
  • 文章:「ヤマハ発動機・中国最高人民法院商標権侵害判決について」(日本語版)。(作者・姫軍、共同著作、日本「NBL」(New Business Law)雑誌2007年No.864掲載)    [ More... ]

世泽律师事务所 版权所有    Copyright 2005-2015 Broad&Bright, All Rights Reserved.

事務所紹介 | 連絡方法 | 業務分野 | 人材募集