↑TOP

中心パートナー

世澤律師事務所 中心パートナー 馮瑶 CARD

馮  瑶

学  歴:
アメリカ コロンビア大学・ロースクール L.L.M
中国 吉林大学 法学士
弁護士資格:
アメリカ・ニューヨーク州弁護士
職  歴:
2004-現在シニア顧問兼創業パートナーとして世澤法律事務所を設立。現在に至る。
2001-2002 Covington & Burling法律事務所 ワシントンDCオフィス 弁護士
1999-2001 中国 アンチダンピング・オフィス アンチダンピング案件担当チーフ
1997-1999 商務部(元対外経済貿易部)条約法律局 政府顧問
業務分野:
国際通商(アンチダンピング、補助金対抗措置関連)、WTO関連法務、独占禁止法及び外国企業直接投資

馮瑶弁護士は、アンチダンピング・補助金対抗措置・セーフガード関連法務を含む国際通商分野の法律業務を専門としており、数多くの国際通商紛争において、中国、韓国、日本、アメリカ、EU及びロシアの企業・政府部門の代理人としてリーガル・サービスを提供してきました。また、税関法務、WTO関連、独占禁止法、国際貿易紛争及び外国企業投資の分野でも豊富な執務経験を有します。

馮瑶弁護士は長年、アンチダンピング・補助金対抗措置・セーフガード関連法務及び国際投資の分野に力を注いでおり、当事務所に加わる前は、アメリカの著名事務所であるCovington & Burling法律事務所のワシントンDCオフィスにて執務し、国際通商と国際投資に関する法律業務に携わり、また、北京の天地和法律事務所において、アンチダンピング・補助金対抗措置・セーフガード関連法務を担当しておりました。弁護士業務に携わる前は、中国の対外経済貿易部(現商務部)の条約法律局にて勤務し、中米、中欧間のアンチダンピング業務及び二国間貿易交渉業務等を担当し、且つ国連国際貿易法委員会のワーキング・グループにおいて貿易に関する条約の起草作業に携わりました。このほか、馮瑶弁護士は、WTO関連の法律業務、OECD鉄鋼交渉、貿易障壁及び独占禁止立法等の任務において専門家として法的意見を提供しております。また、馮瑶弁護士はかつて中国政府が発動した多くのアンチダンピング案件の担当調査官を務めたことがあります。
使用言語:
中国語、英語
著作・論文:
● 『中国アンチダンピング立法』 世界貿易雑誌2003年
● 『WTOアンチダンピングルールと価格約束』 国際経貿消息報2002年
● 『サンセット・レビューと関連法律問題』 国際経貿消息報2000年
● 『中国のアンチダンピング立法をいかに整備するか』 中国商業月刊1998年
世泽律师事务所 版权所有    Copyright 2005-2015 Broad&Bright, All Rights Reserved.

事務所紹介 | 連絡方法 | 業務分野 | 人材募集